Teo Jansen

『テオヤンセン展』津県立美術館
1948~オランダ生まれ
彫刻家・物理学者
空気をエネルギーにして動く人工生命体
ヨットのように、風を受けたり、ペットボトルに圧縮空気を詰め、そのエネルギーで動く。
細いプラスチック製のチューブでできていて、まるで竹ロボットのように見える。動く姿は複数の足を持つ恐竜のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です