Topic

友人のヒマラヤ体験

チビの怪我以来すっかりご無沙汰していました。
今回は、是非友人の体験をシェアーしたいと思いご紹介します。
72歳の彼は、昨年この計画の出発直前に、くも膜下出血で倒れ、死の淵から帰ってきたばかり。
無謀と思える挑戦でしたが無事成功して帰還され、更にパワーアップした模様を記事に書かれています。私たちもうかうか老いてはいられません。

今年(2018年)10月、インド、シッキム州へ、カンチェンジュンガ峰を望むトレッキングに行ってきました。この計画は、昨年の脳負傷によって一時断念したものに、再び挑戦したものです。
詳細記事


ヒマラヤ・トレッキングの何よりの土産は、体の諸故障を、完璧にとも言ってよいほど、解消できたこと。減量も5キロほども達成できた。どうやら、最良の治療法は、臆病になることではなく、“荒治療”。要するに、信頼関係なのだ。

究極の体験に見出せる世界

カンチェンジュンガ直望トレッキング:心身究極体験記編

エベレスト、K2につぐ世界第三位のカンチェンジュンガ(8598m)。その高峰を、その南壁直下より、氷河のみをへだてて直望できるゴチャラ峠(4950m)。その世界でも稀有な地点を目指すのがこのトレッキングです。 詳細記事

この記事をシェア:

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください