「考える」政治と「信じる」宗教について

 

憲法20条には「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」とあります。政教分離の原則です。その理由は、教科書的には「政治がある特定の宗教組織と結びつくと、他の宗教・宗派を排除・弾圧することになり、人々の信教の自由が侵されるから」というのが答えです。

宗教では教義が絶対で、「考える」ことではなく「信じる」ことが最後の結論です。考えるのは神や教祖の仕事で、信者は信じることで救われる。だから、教義を外れる疑義や問答は無用。外れるならそれは異教なのです。歴史上、数々の宗教戦争があったのも、宗教というものが自分たちの教義に反するものを徹底して(互いに)排除してきたからです。

安倍元首相銃撃事件が炙り出した選択的夫婦別姓、同性婚が「論外」とされる理由 | ハフポスト 政治 (huffingtonpost.jp)

これは宗教が陥りやすい罠なのですが、に日本人の宗教観では一般的になってしまっているのが残念です。

「他宗教・宗派を弾圧して信教の自由が奪われる」というのは、しかし今の日本ではあまり当てはまらないかもしれません。「信教の自由」はすでに常識で、政治が宗教を規制することはまずないからです。オウム真理教ですら地下鉄サリンなど一連の事件で初めてテロリスト認定され、宗教法人格を失ったくらいです。

日本では法的には「カルト」の定義もなく、当然、政府がカルト認定した宗教集団もありません。霊感商法や洗脳、合同結婚式であんなに社会問題化した旧統一教会でさえ宗教法人格を維持し、その名称すら「世界平和統一家庭連合」と、より“平和”的に、より“家庭”的に改めて変身を印象付けることができました。それほど現代日本では「信教の自由」は“保障”されています。

「信じる」宗教と「考える」政治

では現在の社会で「政教分離原則」の意味とは何なのか? 宗教と政治がつながると何がまずいのか?

それはまさに、前述の「信じる」と「考える」の分離です。宗教において言葉は最終的には一方通行です。神や教祖からの上意下達。しかし民主政治では言葉は双方向です。言葉を行き来させる議会こそが土台。「教義」が問答無用なのに対して、問答こそが有用で、その都度の最善をより多くの参加で探るのが民主政です。

安倍元首相銃撃事件が炙り出した選択的夫婦別姓、同性婚が「論外」とされる理由 | ハフポスト 政治 (huffingtonpost.jp)

本当は宗教も「問答」によって理解に至るものなのですがね。理解し納得してこそ「信念」に昇華されるはずなのですが・・・・実態はそこまで深く掘り下げないまま安易に受け入れ信じているというのが一般的ですね。
>> 続きを読む

“神秘・超存在”パラサイト民族

 

日本の闇部・疑似家族(カルト教団)に魅せられカモられる日本とは?

信仰というのは本来依存的なものではなく主体的なものです。
経典や教義をちゃんと理解した上で、それを信じれば、自動的にそうなるはずです。
そのような宗教においては、私たちの生活に有意義な働きをもたらし、人間を高度な智慧の持ち主に進化させるでしょう。
本来宗教を紐解くと、哲学、心理学、物理学、情報科学(AIニューラルネットワーク)といった分野ともシンクロするエビデンスを残す可能性のあるものと私は解しています。

ところがカルトのやっていることは、まったく逆。信者から主体性を奪い、依存しなければ生きていけない人間を、日々組織的に生み出し、カルト組織の兵として訓練され、外側社会から(人、モノ、金を)奪いながら集団の拡大を図る。まるで詐欺集団ではないかとさえ思われてなりません。

つまり人間社会において、そのような宗教集団の存在は有害この上なく、もっと言えば「神の国を創る」ための国家転覆をはかる侵略集団といえるのではないでしょうか。

「神の国を創る」という明確な目標を基に文鮮明と集団行動をもって人生の道とする。
旧統一教会はそういったスタンスで、信者に教団への帰依を強制し、帰依する喜び、帰依する使命感、帰依することで得る自尊感情、更には集団外との差別感、優越感を植え付け洗脳してきたことがだんだん見えてきました。
信者たちはもはや日本国民というよりも、教団の指針、世界統一「神の国」創造部隊となり、神の国の民という意識が強く、すべてを捧げて一丸となって戦い続ける、といった様相が露見されたのです。
教祖、文鮮明を父とし、その妻、韓鶴子を母とする巨大家族を形成。信者たちは家族の一員として教会を支え、偉大な目標(「神の国を創る」)に向けて日々努力を重ねる。一種の民族思想にまで昇華されるほどマインドコントロールが行きわたっています。

世界を統一して一つの家族に纏める。この思想が「世界平和統一家庭連合」の教会名に表されています。
旧「世界基督教統一神霊協会 」

改名以前にはキリスト教系の基督教と神霊という神格を強調するような名称だったのですが、文鮮明の霊能力でキリストから託された感を強調したかったのかもしれません。

このようなマインドによる国家転覆、日本侵略を図る統一教会系集団に、政治家までその餌食となり、カモとされていることに気づかない面々に、開いた口がふさがらないとあきれ返っている私たち第三者ですが、そんなオブザーバーに留まっている場合じゃなく、私たちが選挙で選んだ国会議員たちが、まるで教会側に加担する行為をしながら平然としているのですから、見逃すわけにはいきません。

そもそもことの発端は50年以上前に遡り、第2次世界大戦後に、真逆の「共産主義による国家転覆」を恐れた極右派の面々が「勝共連合」を造り、政財界のドン「笹川良一」をトップに据えて活動を始めたときの最大の協力者が旧統一教会だったとは皮肉なことです。

そして「勝共連合」という共通項を掲げて日本の政界と手を組んだはずの統一教会ですが、教主文鮮明は、共産国家、北朝鮮を訪れ金正恩と握手し仲良くしている。 >> 続きを読む

安部元首相銃殺事件と統一教会・二つの疑問 後編

考えあぐねて出た答え、それは信仰というよりも「居場所」探しの結果で得た「共に語り合える共通意識を満たせる場への執着」ではないかという思いに至りました。

つまり「生きる場所」といえる場になっていたのではないでしょうか。

教会はその想いを強調するような、サタン(外世界)だの、先祖の怨みだの、地獄に堕ちるだのを吹き込み、信者同士の共通する会話が、あたかも事実のように思い込んでしまう。そして、同時に信者同士が同じような苦しみから救われるために頑張って献金している様が日常になると、そういった仲間があたかも戦友のように感じ、戦友たちとの慰めあいは生きる糧にもなってしまっているのではないかと思えてきました。
「外の人には解らない」という想いは、むしろ信者間の共通認識を高め、内部の絆が深まり却って優越感にまで発展してしまうのではないか?

日本人にとって「信仰深い」ことは、ある意味誇らしいことでもあるのです。
毎日仏壇や遺影の前に、新しい花、新しいお水(またはお茶)、新しいご飯をお供えし、手を合わせ、更には経を唱えることは、そうすることで、災厄から逃れ、平穏な日々を実現できると思い込んでのルーティンになっている人は少なくありません。
また、そうした行為は先祖の霊への敬意を表し、称賛に値する行為と評価されます。

これは「先祖の御蔭」思想ともいえる日本人の根底に根付いた日本的信仰形態です。

この先祖を守るのは旦那寺です。旦那寺では個々の家系を把握し、先祖代々の霊の管理をします。檀家たちは我が家の旦那寺を支えることになり、普請などの際には労や寄付を提供します。葬儀や行事の際にも手伝いに行くことになります。

現在ではその形態が崩れ、檀家も少なくなり、お寺の維持が困難になっています。 >> 続きを読む

「安部元首相銃殺事件と統一教会」二つの疑問

事件から3週間が過ぎ、容疑者の動機・旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)との関連が明るみに出る中、反社会的カルト集団と安倍晋三という自民党大物政治家による、票集めのための教会依存、教会忖度、教会繁栄に寄与するなど、これまで全く知らなかった国会議員及び国政に関する思いもよらないような汚染が次々と露出されています。

しかもその歴史は長く、安倍晋三の祖父、岸信介の時代(1950年前後)から延々と受け継がれている癒着だったのです。

報道各社の記事をフェイクかどうか精査しながら、あまりにも酷い実情に触れて、正直日本の政治体制への不信は募るばかりでした。

今回の参議院選挙においても、落選ラインにいる候補者への票配分が、安倍元首相によってなされていたことも報道されています。

「文尊師は誠実な男」 岸信介が統一教会トップを賞賛した“異様”な機密文書)では、安倍晋三元総理の祖父・岸信介元総理が1984年、当時の米大統領に宛てた文書で、統一教会の開祖・文鮮明を称賛するとともに、当時アメリカで逮捕されていた文鮮明の釈放を求めていたことを報じた。しかし、統一教会の影響力は安倍家のみならず、自民党議員の多くに及んでいる。その中には、現役の大物議員の名も――。

山上徹也容疑者(41)の凶行の背景には、安倍晋三元総理と統一教会の関係があったことはすでに知られている。今回ご紹介する機密資料は、安倍元総理の祖父・岸信介元総理が1984年に当時の米大統領、ロナルド・レーガンに宛てた親書。一族と統一教会の深い関係を物語る“異様”な文書の内容とは――。

「文尊師は誠実な男」 岸信介が統一教会トップを称賛した“異様”な機密文書(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース

自民党議員の実名も、伊達忠一前参議銀議長・細田博之現衆議院議長・岸信夫防衛大臣(安倍晋三弟)・二之湯国家公安委員長・末松文科大臣・小鑓隆史・宮島喜文

「旧統一教会」 自民議員と関係続々 安倍元総理に票の割り振り依頼も(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

その他、磯崎官房副長官・平井卓也前デジタル大臣・田畑裕明(安倍派)総務副大臣・古田岐阜県知事なども・・・

銃撃男の母「統一教会に申し訳ない」 “政治と宗教”問われた公明副代表は?(日テレNEWS) – Yahoo!ニュース

>> 続きを読む

ピラミッドスキームが生まれた背景

 

勘違いの幸福追求

「モノの豊かさ」が幸福をもたらす唯一の条件、と思い込んでいた人間たち。
実はそのことが限りない欲求を産み、人間を強欲に偏らせてしてしまったのではないか?
「それは詭弁だ!」という声が聞こえてきそうです。
「モノの豊かさこそ幸せのプライマリー条件でしょ!」
やはり、あなたもそう思います?

勿論私たちはその目的に向かって進み、今日のようなモノに充たされた豊かな社会をある意味では実現することができました。
「ある意味では」という条件付きでです。

つまり、私たちはモノには充たされましたが、精神的に満たされたと言えるでしょうか?という疑問付です。

最近では田舎暮らしが人気となり、モノに充たされた都会暮らしを捨てて、のんびりゆったりと暮らすライフスタイを好む人たちが増えているということですね。

イケイケどんどん空間から、緩い、まったり空間への転換なのでしょう。

英語によると
abundant lifeは物質的に豊かな生活
satisfied lifeは、納得のいく不満のない生活・・・・・満足
fulfilled lifeは精神的に満たされた生活・・・・・・・充実

ちなみに「満足感」( satisfied)は欲求が満たされ納得できた感覚。
ただ、少々の不満があっても、以前と比べれば満足すべき。という使い方もあります。
「充実感」(fulfilling)の場合、「充実すべき」という使い方はありません。

「充実した人生を送っています」現在形で継続的に使う場合多いのでは?
充実は継続的意味があるような気もします。

反面「まあ、満足な人生だったと言えるでしょう」のように、過去形で使う場合と、一時的に満足したときに言い表すことが多いような気がします。

さて、あなたは物質的に豊かかも知れませんが、すべてに納得して生きていますか?
また、精神的に満たされた生活をおくれていますか? >> 続きを読む

プーチンが投げかける世界(人類)の在り様

プーチン大統領というサイコパスあるいはソシオパスによって、ウクライナの多くの人々を死に追いやり、生き残った人たちには今も尚、計り知れない苦痛を与え続けています。そればかりか、世界中を混乱に貶め、全世界の人々の平和な生活を脅かしていることに何の罪悪感を抱くことなく、ヒトラー以上の非道行為が続いています。

シリアの若者たちは、自分たち同様、容赦なく国と人々の崩壊行為を続けるロシアに対する敵意共感から、傭兵として赴き命を落とす者も絶えません。

ロシア傭兵となる中近東などから集まった1万6000人の志願兵をも同じ運命に晒されています。

元ワグネル傭兵、ロシア批判 「外国への軍事介入停止を」
2022年5月20日 12:00 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ロシア ウクライナ ロシア・CIS シリア 中東・北アフリカ ]
ロシア民間軍事企業「ワグネル」の元傭兵(ようへい)マラト・ガビドゥリンさん。仏パリにて(2022年5月11日撮影)。(c)STEPHANE DE SAKUTIN / AFP

ロシア政府が傭兵を使っていることや、時には道徳的規範・価値に相反するようなことを傭兵にやらせているのを明らかにしたかったと話す。

戦う以外の仕事を知らない百戦錬磨の兵士や、戦争を経験してみたい「ロマンチスト」もいるが、傭兵の大半は月何千ドルにもなる報酬目当てだという。

シリア・パルミラ(Palmyra)近郊に派遣された際には、手りゅう弾で重傷を負った。だが、ロシアの内戦介入は、シリアにとって何の役にも立たなかったのではないかと今では思っている。

「シリアの国民は、電気も燃料もなく、おなかをすかせ、寒さに耐えている。それだけだ。この点を考えると、介入は何の助けにもなっていない」

ロシア政府は現在、ウクライナでの支配地域の拡大をもくろんでいる。ガビドゥリンさんは、ロシア市民は日々の生活にも苦労しており、国内問題に集中的に対処した方が賢明だと指摘する。

「ロケット弾はあっても普通の車が買えないなんて! ロシア版アイフォーン(iPhone)も製造できていない。私たちは西側の技術に完全に依存している」「まずはこういうことを解決すればよかった。しかし(ロシア指導部は)自分の評価を高めるために小さな戦争で勝利を収める方が重要だった」

さらにガビドゥリンさんは「本当に尊敬され、目標とされるため、国内問題に取り組むべきだった。私たちはウクライナの健全な模範になれた」「そうすればウクライナは私たちを押し返すのではなく、自ら歩み寄ってきただろう」と語った。

元ワグネル傭兵、ロシア批判 「外国への軍事介入停止を」 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

 

プーチンの影の傭兵部隊と言われる「ワグネル」
ウクライナを含む各地に傭兵を送り込んでいると言われ、「プーチンの影の軍隊」とも呼ばれる民間軍事会社「ワグネル」。その活動の実態と黒幕とされる人物に迫る調査報道。 ナチスに傾倒する元軍人が設立し、プーチン大統領と深い関係を持つ新興財閥が出資しているとされるワグネル社。ロシアが軍事介入を進めてきた中東やアフリカで暗躍してきたと言われている。専門家が事実上国の機関と指摘するこの組織の実態を関係者や専門家の証言、様々なルートから入手した映像や内部文書などを通じて、浮かび上がらせる。原題:Wagner:Putin‘s Shadow Army(フランス 2022年)6月1日NHK BS世界のドキュメンタリーで放送予定

「ワグネル 影のロシア傭兵(ようへい)部隊」 – BS世界のドキュメンタリー – NHK >> 続きを読む

プーチン解体

ロシアによるウクライナ侵攻から24日で3か月を経ましたが、未だに収束の兆しが見えない有様です。
世界中から非難を浴びせられている「プーチン」という人物。
良心を持ち合わせていないような残酷非道な行為は果てしなく続くように思われます。

このようなプーチンの行動に関しての「何故?」を解き明かすことに明け暮れ、プーチンの思想や信念だけではどうしても納得できない部分にせまっていました。
どうしたらこのような行為を発現し続けることができるのか?
そのことを調べているうちに「サイコパス」「ソシオパス」という「社会病質者」反社会的人格障害を持った人の可能性が浮き上がってきました。

「サイコパス」と「ソシオパス」よく似ていますが、ちょっと違うようです。どちらも反社会性パーソナリティ障害に分類されます。大きな違いは「サイコパス」は先天性、「ソシオパス」は後天的という違いで、ほとんど同じような「反社会性パーソナリティ障害」をもちあわせているようです。とくに両者共通の「共感」「良心」「罪悪感」の欠如がみられます。

このような性格は、正にプーチン大統領そのものに思われてなりません。

「反社会性パーソナリティ障害」
社会病質者、精神病質者を内包している「反社会性パーソナリティ障害」(非社会性パーソナリティ障害とも言われる)の定義とは、精神の傾向や特徴に社会的規範や他者の感情を軽視したりし、また不誠実であったり言動が欺瞞であったり暴力をふるうことも厭わないパーソナリティ障害のこととなっています。

先天性と後天性の違い
「サイコパス」が先天的な遺伝によって獲得されるのと違い「ソシオパス」は後天的なものが原因だと言われています。
主に親の育て方や家庭環境の影響が原因で子供は「ソシオパス」になります。出典: http://www.irasutoya.com

一般的には「サイコパス」と「ソシオパス」は同義として扱われていますが原因が少しだけ違うということです。
治し方もわかっておらずどちらの性質も通常の社会に溶け込んでいることも珍しくない反社会性パーソナリティ障害です。

犯罪心理学者「ロバート・D・ヘア」
サイコパシーチェックリストを開発した犯罪心理学者「ロバート・D・ヘア」は「サイコパス」「ソシオパス」の特徴、定義に、
・良心の欠如
・他者への冷淡さ、共感しない
・嘘を平然と吐く
・行動の責任を取らない
・罪悪感がない
・過大な自尊心かつ自己中心的
・しゃべり上手で表面では魅力的な人間に見える
出典: http://www.irasutoya.com

「サイコパス」の特徴である冷酷さや無慈悲、エゴイスト、感情の欠如、結果主義ですが、これらに加えて反社会性が伴わなければ「サイコパス」とはならないようです。現状「ロバート・D・ヘア」のサイコパシーチェックリストのみが判断基準となっています。
一方「サイコパス」は脳の活動が通常の人とは違うことがその原因とされており、眼窩皮質と扁桃体周囲の活動が低下していることが特徴として挙げられています。

近年の脳科学の進歩で、他者への共感性や「痛み」を認識する脳の部分の働きが一般人と大きく異なることが判明しています。出典: http://www.irasutoya.com

一見では魅力的な「サイコパス」 出典: https://googirl.jp
「サイコパス」「ソシオパス」共に一見すると魅力的な人間です。
自分がよく見られるためであれば進んで人助けをします。
ナルシストな傾向が強く現実主義。利己的なので関係が深まるにつれて相手が異常だと気づくことも珍しくはありありません。

 サイコパス「空想虚言者」 出典: https://ja.wikipedia.org

「エミール・クレペリン」
ドイツの医学者「エミール・クレペリン」は精神病質「サイコパス」の特性の一つに「空想虚言者」という類型があるとしました。
「サイコパス」は一見して博学で様々な分野に置いて豊富な知識を持っているように見えるがよくよく調べるとそれらは他者からの知識の寄せ集めである。
外来語や難解な言葉、人を驚かすような言説を好んで話す。
他者からの批判を許さず、自己中心的な空想に陶酔する。
など、自らの嘘を信じてしまえると言います。

>> 続きを読む