巣ごもりの効用

久しぶりの投稿です。

巣ごもりの効用

巣ごもりも捨てたもんじゃない。
なぜなら:1.コロナ拡散を防ぐのに最も有効な貢献 
     2.時間がたっぷり
     3.普段できないで溜まっていることが片付く
     4.片付いた部屋でスッキリすると、頭も整理しやすい
     5.思索、学習など、自分磨きができる
     6.煩わしい下界から、少しだけ俯瞰世界に没入できる
     7.ここまでくると、我が巣はオアシスと化す
     8.仕事も人との交流も、チャットがある
     9.健康でさえいれば、買い物も自由
     10.お金がかからない

コロナ禍が終わっても、日本や世界が元に戻ると思ったら大間違い!
日本だけでなく、世界の経済は低迷し、そのために多くの経済的犠牲者が続出し、貧困難民が溢れるかもしれません。
コロナ禍で生き残った人が、経済禍で死を招くこともなきにしもあらずと思った方がいいかもしれない。この禍は人間の進化のための試練かもしれない・・・そんな風に感じています。
人間社会の潮目が変わる時期ともいえるかも・・・・・そう思ったら、俄然勇気が沸いてきます。
この機に、自分の潮目も変えようか!と考える人も続出?

但し、普段から他者依存の癖のある人には難しいかもしれない。他者との関係性で自分の人生が成立しているから。
でも、そのことに気づくチャンスになるかも。「一人遊び」もスキルの一つになるよね。
ちょっと前の時代とは違って、今はいくらでもインターネットで交流できるようになって、外出しないからと言って社会や人間関係を切断したことにならないから「孤独」や「引きこもり」などの可能性も低いし、便利な世の中になったね。

大いに、スマホ、パソコンを駆使して、いつまで続くかわからないこのコロナ禍を自分なりにやり過ごす以上に、自分磨きに精を出して、以前よりスケールアップした自信に満ちた自分を創造すべく、潮目替えに挑戦するのも面白いのでは・・・

この機会がもしかしたら全国的「人間力UP」のクラスター発生につながって、日本は劇的に人間進化を遂げることになるかも。そんな流行なら歓迎だね。

 

アメイジング ストーリー

11月3日「文化の日」に想う 「アメイジングストーリー」

現代人 他人はみんな敵に見え
煽り運転で脅し
パワハラ モラハラ 虐めはもう学校だけにとどまらない
国を牛耳るトップにも 教育者間においてすら・・・
それが日本の現状か?

そんな社会を横目で見ながら
新しい出逢いを求めて彷徨う
出逢いこそ希望と信じ
それはまだ、人を信じている証し
出逢いを重ね、失望を重ね、遂には人間不信に陥ってしまった時

そんな彼らは新たな出逢いも拒否するだろう
引きこもり、ジャンクフードに埋もれ、ブクブクと肥って生きながら考える

「人間って何?」
「生きるって?」
「なぜ生まれたの?」
「自分って何者?」
「他者って何?」

周囲を見わたしても 誰も満足しているようには見えない
自分が満足していないから 誰かに補ってもらおうと行動している
そんな様は 一般の常習 >> 続きを読む