兄と奏でるノクターン

 

NHK ドキュランド 「兄と奏でるノクターン」(2020年11月13日放送)を見て


 知的障害を持ちながら、音楽の才能を開花させていく兄ウン・ソンホ(32歳)と、弟ウン・ギョンギの密着ヒューマンドキュメント。

兄ソンホは身の回りのことはほとんど自分ではできない。そんな兄にかかりっきりになる母への疎外感を持ち、同じように音楽の才能を持つ弟のウン・ギョンギは、同じくピアノを弾けるが音大を受験するも落ちてしまい、母親と兄への苛立ちが大きくなっていく。

 

兄ソンホはピアノ、クラリネット、バイオリンを弾きこなすけれど、顔を洗うこともおぼつかず、髭を剃るのも母の仕事だった。

 

 

障害児の可能性を伸ばすために奔走する母親の愛情差別に嫉妬し、弟ギョンギは職を転々とする不安定な生活を送り、母親の言いなりに生きていけば良い兄に冷たい態度を変えようとしない。兄を馬鹿にし、母には暴言を吐く日常に、本人自身もウンザリしていた。

ギョンギは「僕が障害者だったら今より幸せに生きられる」と言う。そして、障害者の兄ソンホと同じくらい時間とお金を母が自分にかけていたら、今頃僕は成功していたと語る。

 

 

そんな中、ギョンギは母の代わりに兄のロシア演奏旅行に同行することになる。演奏以外には何一つできない兄ソンホの面倒を見るギョンギ。兄のソンホは至れり尽くせりの母がいない海外演奏旅行に不安を隠せない。そんな二人をカメラは丁寧に追う。

そして迎えた本番当日、緊張しながらも弟ギョンギは、兄の髭剃りやタキシードの着付けの世話を、かいがいしくする。今日はのソンホはクラリネット演奏。そしてピアノ演奏をギョンギが担う。

息の合った二人の演奏。ギョンギは初めて曲に乗せて兄と語らうことができたと感じていました。心を通わせる二人。兄が「大丈夫だ、俺についてこい!」と言っているように聞こえたのです。初めて兄が兄らしく見えた瞬間でした。

会場は湧き、アンコール! 曲は何と「風笛」でした。
そして兄と弟はこれを機会に、二人が助け合って、互いの幸せを成就してゆくことでしょう。思わず涙しました。機会があれば是非見て欲しいドキュメンタリーでした。

 このドキュメンタリーで「言葉は不完全」ということを再認識しました。。そしてそれを補う人間の関係性には「嘘のない媒介」が必要なのでは?と。音楽がその役割を果たしたドキュメンタリーでした。

 

 

 

 

『愛していると言ってくれ 2020年特別版』

 

2020.9.12

 豊川悦司・常盤貴子主演、脚本はラブストーリーの名手・北川悦吏子が手掛けた本作は、幼いころに聴覚を失った後天性聴覚障害者の新進青年画家と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続けている女優の卵の、ことばを超えた純粋で繊細なラブストーリーだ。

聴覚障害がある画家の榊晃次(豊川悦司)は、溌剌として純粋な女優の卵・水野紘子(常盤貴子)と運命的な出会いをする。懸命に手話を覚え、思いを伝えようとする紘子の熱い思いに、晃次の閉ざされた心は次第にほぐされていく。しかし、ことばが伝わらず、誤解が生まれ、そして会えなくなる。恋する者にとって最もつらく厳しいこの3つの障壁が立ちはだかる・・・。恋愛を通して、人間的にも、仕事の上でも成長していく二人の愛の過程を描いた本作は、繊細なカメラワークを駆使し、TBSのラブストーリーの決定版となった。
1995年(平成7年)7月7日~9月22日までの金曜ドラマ枠で放送された本作(全12話)は、平均視聴率21.3%、最終話で最高視聴率28.1%を記録(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。また、主題歌の「LOVE LOVE LOVE」(DREAMS COME TRUE)は約250万枚を売り上げる大ヒットとなり、この年のオリコンシングルランキング年間第1位となったことでも話題となった。そのほか、劇中で自然と手話が登場することで視聴者が手話に関心を寄せ、手話サークルへの入会者が爆発的に増えたきっかけを生んだと言われている。
さらに、今回特別企画として、豊川&常盤によるリモート対談を全4回にわたり放送することが決定した。二人は撮影時のエピソードや手話に関してなど25年前を振り返る。そして、思いを伝えることがことが困難な「今」を語る。果たしてどんな話が飛び出すのか!?

コメント

<豊川悦司>
このタイミングで、またこのドラマを見ていただける、あるいは初めて見ていただけるというのは大変うれしいことです。25年前は携帯電話やメールで連絡を取ることができなかった時代で、今はあまり描かれなくなった「純愛」がテーマ。でも、2020年の若者にも何かを感じていただけると思っています。楽しんでご覧いただければと思います。

<常盤貴子>
これまでも多くの方々に愛されてきたドラマだったんですが、25年ぶりに地上波で放送が決まり、今まで見たことがなかった人たちにも見ていただける機会ができたというのは、とてもうれしいです。
当時「手話って素敵だな!」と思ってくれた人たちがたくさんいたように、これを機にまた「手話」という美しい言語の魅力を感じてもらえたらいいなと思います。

   TBS

  >> 続きを読む

巣ごもりの効用

久しぶりの投稿です。

巣ごもりの効用

巣ごもりも捨てたもんじゃない。
なぜなら:1.コロナ拡散を防ぐのに最も有効な貢献 
     2.時間がたっぷり
     3.普段できないで溜まっていることが片付く
     4.片付いた部屋でスッキリすると、頭も整理しやすい
     5.思索、学習など、自分磨きができる
     6.煩わしい下界から、少しだけ俯瞰世界に没入できる
     7.ここまでくると、我が巣はオアシスと化す
     8.仕事も人との交流も、チャットがある
     9.健康でさえいれば、買い物も自由
     10.お金がかからない

コロナ禍が終わっても、日本や世界が元に戻ると思ったら大間違い!
日本だけでなく、世界の経済は低迷し、そのために多くの経済的犠牲者が続出し、貧困難民が溢れるかもしれません。
コロナ禍で生き残った人が、経済禍で死を招くこともなきにしもあらずと思った方がいいかもしれない。この禍は人間の進化のための試練かもしれない・・・そんな風に感じています。
人間社会の潮目が変わる時期ともいえるかも・・・・・そう思ったら、俄然勇気が沸いてきます。
この機に、自分の潮目も変えようか!と考える人も続出?

但し、普段から他者依存の癖のある人には難しいかもしれない。他者との関係性で自分の人生が成立しているから。
でも、そのことに気づくチャンスになるかも。「一人遊び」もスキルの一つになるよね。
ちょっと前の時代とは違って、今はいくらでもインターネットで交流できるようになって、外出しないからと言って社会や人間関係を切断したことにならないから「孤独」や「引きこもり」などの可能性も低いし、便利な世の中になったね。

大いに、スマホ、パソコンを駆使して、いつまで続くかわからないこのコロナ禍を自分なりにやり過ごす以上に、自分磨きに精を出して、以前よりスケールアップした自信に満ちた自分を創造すべく、潮目替えに挑戦するのも面白いのでは・・・

この機会がもしかしたら全国的「人間力UP」のクラスター発生につながって、日本は劇的に人間進化を遂げることになるかも。そんな流行なら歓迎だね。

 

アメイジング ストーリー

11月3日「文化の日」に想う 「アメイジングストーリー」

現代人 他人はみんな敵に見え
煽り運転で脅し
パワハラ モラハラ 虐めはもう学校だけにとどまらない
国を牛耳るトップにも 教育者間においてすら・・・
それが日本の現状か?

そんな社会を横目で見ながら
新しい出逢いを求めて彷徨う
出逢いこそ希望と信じ
それはまだ、人を信じている証し
出逢いを重ね、失望を重ね、遂には人間不信に陥ってしまった時

そんな彼らは新たな出逢いも拒否するだろう
引きこもり、ジャンクフードに埋もれ、ブクブクと肥って生きながら考える

「人間って何?」
「生きるって?」
「なぜ生まれたの?」
「自分って何者?」
「他者って何?」

周囲を見わたしても 誰も満足しているようには見えない
自分が満足していないから 誰かに補ってもらおうと行動している
そんな様は 一般の常習 >> 続きを読む