2018年7月

鳥の目

関わりのチョイス

間口か奥行きか?

 日ごろから何気なく、いろんな関わりを無意識にチョイスしているが、今回友人との語らいのなかで、私自身は「間口ではなく奥行きを広げる人、モノ、コトを無意識にチョイスしている」ということを再確認する。面白い‼

こうやって、私世界のネットワークが広がっているという実感を得、視覚化できたことは一つの収穫。友人に感謝!

私のヒュッゲ

「ゆとり」こそ「幸せ」のバロメーター

昭和人間は、時間に追われることを「非怠惰」のように考える癖がある?
ゆえに「ゆとり」は悪の代名詞?罪悪感の臭いを漂わせている?
「ゆとり」を‟揶揄”する世間で、若者たちが‟インスタ映え”を求めるのは「ゆとり」を共有したいのかもね。「ゆとり」こそ「幸せ」のバロメーターだから。