成田悠輔 「22世紀のEBPMについて・理論と応用」講義

丸と四角の眼鏡がトレードマークで今夏の話題を総なめした成田悠輔氏が台風のよ

うにマスコミに出現し、連日のように底なしの智慧を披露しながら、新しい視点を紹介し、あっという間に日本を去って行きました。

成田節ともいうべき巧みな話術と、これまで見たことのない知的エッセンスとキャラクターにすっかり魅了され、結構な時間を割く結果となった私ですが、面白すぎて立ち去った後もその余韻が残っています。
その一部を紹介したいと思います。

成田 悠輔 (なりた ゆうすけ、 1986年 – )は、 日本 の 実業家 、 経済学者 。 イェール大学 アシスタント・プロフェッサー ( 助教 )、半熟仮想株式会社代表取締役。 専門は データ ・ アルゴリズム ・ 数学 ・ ポエム を使った ビジネス と 公共政策 の想像と デザイン 。 東京都 北区 出身。 10代で父親の失踪や家族の自己破産を経験。 麻布中学校・高等学校 卒業。極度の睡眠障害により中高では不登校であった。麻布中学在学時には柄谷行人のNAMに出入りした[3]。高校卒業後、1年浪人を経て、2005年に東京大学入学。2009年、東京大学経済学部を首席で卒業。2011年に東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。東京大学大学院在学中にVCASI研究助手。ヂンチ株式会社代表、一橋大学特任准教授、スタンフォード大学客員助教などを兼任。2016年、マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.取得[4]。2017年にイェール大学経済学部助教就任[5]。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)客員研究員。ZOZO、サイバーエージェントなどの組織と、共同研究や事業に携わる。

国籍日本
居住日本アメリカ合衆国
生誕1986年(35 – 36歳), 日本東京都北区
研究分野経済学労働経済学教育経済学計量経済学)、公共政策因果推論

>> 続きを読む

「考える」政治と「信じる」宗教について

 

憲法20条には「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」とあります。政教分離の原則です。その理由は、教科書的には「政治がある特定の宗教組織と結びつくと、他の宗教・宗派を排除・弾圧することになり、人々の信教の自由が侵されるから」というのが答えです。

宗教では教義が絶対で、「考える」ことではなく「信じる」ことが最後の結論です。考えるのは神や教祖の仕事で、信者は信じることで救われる。だから、教義を外れる疑義や問答は無用。外れるならそれは異教なのです。歴史上、数々の宗教戦争があったのも、宗教というものが自分たちの教義に反するものを徹底して(互いに)排除してきたからです。

安倍元首相銃撃事件が炙り出した選択的夫婦別姓、同性婚が「論外」とされる理由 | ハフポスト 政治 (huffingtonpost.jp)

これは宗教が陥りやすい罠なのですが、に日本人の宗教観では一般的になってしまっているのが残念です。

「他宗教・宗派を弾圧して信教の自由が奪われる」というのは、しかし今の日本ではあまり当てはまらないかもしれません。「信教の自由」はすでに常識で、政治が宗教を規制することはまずないからです。オウム真理教ですら地下鉄サリンなど一連の事件で初めてテロリスト認定され、宗教法人格を失ったくらいです。

日本では法的には「カルト」の定義もなく、当然、政府がカルト認定した宗教集団もありません。霊感商法や洗脳、合同結婚式であんなに社会問題化した旧統一教会でさえ宗教法人格を維持し、その名称すら「世界平和統一家庭連合」と、より“平和”的に、より“家庭”的に改めて変身を印象付けることができました。それほど現代日本では「信教の自由」は“保障”されています。

「信じる」宗教と「考える」政治

では現在の社会で「政教分離原則」の意味とは何なのか? 宗教と政治がつながると何がまずいのか?

それはまさに、前述の「信じる」と「考える」の分離です。宗教において言葉は最終的には一方通行です。神や教祖からの上意下達。しかし民主政治では言葉は双方向です。言葉を行き来させる議会こそが土台。「教義」が問答無用なのに対して、問答こそが有用で、その都度の最善をより多くの参加で探るのが民主政です。

安倍元首相銃撃事件が炙り出した選択的夫婦別姓、同性婚が「論外」とされる理由 | ハフポスト 政治 (huffingtonpost.jp)

本当は宗教も「問答」によって理解に至るものなのですがね。理解し納得してこそ「信念」に昇華されるはずなのですが・・・・実態はそこまで深く掘り下げないまま安易に受け入れ信じているというのが一般的ですね。
>> 続きを読む

“神秘・超存在”パラサイト民族

 

日本の闇部・疑似家族(カルト教団)に魅せられカモられる日本とは?

信仰というのは本来依存的なものではなく主体的なものです。
経典や教義をちゃんと理解した上で、それを信じれば、自動的にそうなるはずです。
そのような宗教においては、私たちの生活に有意義な働きをもたらし、人間を高度な智慧の持ち主に進化させるでしょう。
本来宗教を紐解くと、哲学、心理学、物理学、情報科学(AIニューラルネットワーク)といった分野ともシンクロするエビデンスを残す可能性のあるものと私は解しています。

ところがカルトのやっていることは、まったく逆。信者から主体性を奪い、依存しなければ生きていけない人間を、日々組織的に生み出し、カルト組織の兵として訓練され、外側社会から(人、モノ、金を)奪いながら集団の拡大を図る。まるで詐欺集団ではないかとさえ思われてなりません。

つまり人間社会において、そのような宗教集団の存在は有害この上なく、もっと言えば「神の国を創る」ための国家転覆をはかる侵略集団といえるのではないでしょうか。

「神の国を創る」という明確な目標を基に文鮮明と集団行動をもって人生の道とする。
旧統一教会はそういったスタンスで、信者に教団への帰依を強制し、帰依する喜び、帰依する使命感、帰依することで得る自尊感情、更には集団外との差別感、優越感を植え付け洗脳してきたことがだんだん見えてきました。
信者たちはもはや日本国民というよりも、教団の指針、世界統一「神の国」創造部隊となり、神の国の民という意識が強く、すべてを捧げて一丸となって戦い続ける、といった様相が露見されたのです。
教祖、文鮮明を父とし、その妻、韓鶴子を母とする巨大家族を形成。信者たちは家族の一員として教会を支え、偉大な目標(「神の国を創る」)に向けて日々努力を重ねる。一種の民族思想にまで昇華されるほどマインドコントロールが行きわたっています。

世界を統一して一つの家族に纏める。この思想が「世界平和統一家庭連合」の教会名に表されています。
旧「世界基督教統一神霊協会 」

改名以前にはキリスト教系の基督教と神霊という神格を強調するような名称だったのですが、文鮮明の霊能力でキリストから託された感を強調したかったのかもしれません。

このようなマインドによる国家転覆、日本侵略を図る統一教会系集団に、政治家までその餌食となり、カモとされていることに気づかない面々に、開いた口がふさがらないとあきれ返っている私たち第三者ですが、そんなオブザーバーに留まっている場合じゃなく、私たちが選挙で選んだ国会議員たちが、まるで教会側に加担する行為をしながら平然としているのですから、見逃すわけにはいきません。

そもそもことの発端は50年以上前に遡り、第2次世界大戦後に、真逆の「共産主義による国家転覆」を恐れた極右派の面々が「勝共連合」を造り、政財界のドン「笹川良一」をトップに据えて活動を始めたときの最大の協力者が旧統一教会だったとは皮肉なことです。

そして「勝共連合」という共通項を掲げて日本の政界と手を組んだはずの統一教会ですが、教主文鮮明は、共産国家、北朝鮮を訪れ金正恩と握手し仲良くしている。 >> 続きを読む

安部元首相銃殺事件と統一教会・二つの疑問 後編

考えあぐねて出た答え、それは信仰というよりも「居場所」探しの結果で得た「共に語り合える共通意識を満たせる場への執着」ではないかという思いに至りました。

つまり「生きる場所」といえる場になっていたのではないでしょうか。

教会はその想いを強調するような、サタン(外世界)だの、先祖の怨みだの、地獄に堕ちるだのを吹き込み、信者同士の共通する会話が、あたかも事実のように思い込んでしまう。そして、同時に信者同士が同じような苦しみから救われるために頑張って献金している様が日常になると、そういった仲間があたかも戦友のように感じ、戦友たちとの慰めあいは生きる糧にもなってしまっているのではないかと思えてきました。
「外の人には解らない」という想いは、むしろ信者間の共通認識を高め、内部の絆が深まり却って優越感にまで発展してしまうのではないか?

日本人にとって「信仰深い」ことは、ある意味誇らしいことでもあるのです。
毎日仏壇や遺影の前に、新しい花、新しいお水(またはお茶)、新しいご飯をお供えし、手を合わせ、更には経を唱えることは、そうすることで、災厄から逃れ、平穏な日々を実現できると思い込んでのルーティンになっている人は少なくありません。
また、そうした行為は先祖の霊への敬意を表し、称賛に値する行為と評価されます。

これは「先祖の御蔭」思想ともいえる日本人の根底に根付いた日本的信仰形態です。

この先祖を守るのは旦那寺です。旦那寺では個々の家系を把握し、先祖代々の霊の管理をします。檀家たちは我が家の旦那寺を支えることになり、普請などの際には労や寄付を提供します。葬儀や行事の際にも手伝いに行くことになります。

現在ではその形態が崩れ、檀家も少なくなり、お寺の維持が困難になっています。 >> 続きを読む

「安部元首相銃殺事件と統一教会」二つの疑問

事件から3週間が過ぎ、容疑者の動機・旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)との関連が明るみに出る中、反社会的カルト集団と安倍晋三という自民党大物政治家による、票集めのための教会依存、教会忖度、教会繁栄に寄与するなど、これまで全く知らなかった国会議員及び国政に関する思いもよらないような汚染が次々と露出されています。

しかもその歴史は長く、安倍晋三の祖父、岸信介の時代(1950年前後)から延々と受け継がれている癒着だったのです。

報道各社の記事をフェイクかどうか精査しながら、あまりにも酷い実情に触れて、正直日本の政治体制への不信は募るばかりでした。

今回の参議院選挙においても、落選ラインにいる候補者への票配分が、安倍元首相によってなされていたことも報道されています。

「文尊師は誠実な男」 岸信介が統一教会トップを賞賛した“異様”な機密文書)では、安倍晋三元総理の祖父・岸信介元総理が1984年、当時の米大統領に宛てた文書で、統一教会の開祖・文鮮明を称賛するとともに、当時アメリカで逮捕されていた文鮮明の釈放を求めていたことを報じた。しかし、統一教会の影響力は安倍家のみならず、自民党議員の多くに及んでいる。その中には、現役の大物議員の名も――。

山上徹也容疑者(41)の凶行の背景には、安倍晋三元総理と統一教会の関係があったことはすでに知られている。今回ご紹介する機密資料は、安倍元総理の祖父・岸信介元総理が1984年に当時の米大統領、ロナルド・レーガンに宛てた親書。一族と統一教会の深い関係を物語る“異様”な文書の内容とは――。

「文尊師は誠実な男」 岸信介が統一教会トップを称賛した“異様”な機密文書(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース

自民党議員の実名も、伊達忠一前参議銀議長・細田博之現衆議院議長・岸信夫防衛大臣(安倍晋三弟)・二之湯国家公安委員長・末松文科大臣・小鑓隆史・宮島喜文

「旧統一教会」 自民議員と関係続々 安倍元総理に票の割り振り依頼も(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

その他、磯崎官房副長官・平井卓也前デジタル大臣・田畑裕明(安倍派)総務副大臣・古田岐阜県知事なども・・・

銃撃男の母「統一教会に申し訳ない」 “政治と宗教”問われた公明副代表は?(日テレNEWS) – Yahoo!ニュース

>> 続きを読む

『17歳の帝国』を観て 2

 その原因には、日本文化が大きく影響しているのではないかと思いました。
そもそも現代日本の文化には『幸福追求』の意識はあるのでしょうか?

生まれた目的は「社会貢献」「富と名誉の獲得」、其の結果が「成功、失敗」。

その構図の基に成功者を目指す激烈な競争と戦いを続けられる強靭な精神と肉体を創るために「幸福」などという甘い意識では勝ち抜くことはできず敗者の闇に落ちるしかない。という価値観が根底にあるように感じています。特に昭和世代まではこの価値観上で社会は動いていたのではないのでしょうか。その様子は『17歳の帝国』の中でも老人と若者ヴァーサスとして中心的課題が描かれています。 >> 続きを読む

Topic

『17歳の帝国』を観て 1

久々にワクワクするドラマでした。

長いコロナ禍のトンネルも抜けそうで抜けきれないまま、更に追い打ちをかけるように、ロシアによるウクライナへの暴挙が原因でその影響が円安と物価高騰を招き、私たちの生活は益々ディストピア化へ舵を切って進んでいます。
また、参議院選挙の公示も行われ、来月10日には選挙を控える中、このドラマに似通った「メタバースジャパン」構想を巡らし妄想していた最中に、タイムリーなドラマの内容で期待は高まるばかりでした。
期待通り、SF仕立ての私好みの内容で一気に見てしまいました。

あらすじ
202X年、総理大臣・鷲田継明超高齢化失業率の上昇にあえぎ、経済の没落からサンセット・ジャパンと揶揄されるようになった日本を改革するため、あるプロジェクトを立ち上げた。

それは量子コンピューターを駆使した「Utopi-AI」、通称UA(ウーア)構想。
>> 続きを読む