通念・常識に操られやすい日本人

日本中が10年に一度と言われる強烈寒波に襲われ、寒さ対策をTV各局の番組が取り上げるようになりました。
この寒さ対策や、住宅の断熱などに注目されたことで、日本の住宅の『冬季の室温』について触れられ、日本の住宅の多くはWHOの推奨する室温18℃に満たされていないことがわかりました。 

WHOでは、冬期の室温18以上を確保することを推奨しているが、日本の住宅の多くがこのレベルを満たしていない懸念があることが、(一社)日本サステナブル建築協会の調査で明らかになった。(一社)日本サステナブル建築協会が調査報告  Avatar photo  Housing Tribune 編集部・中山

WHOでは、冬期の室温18℃以上を確保することを推奨しているが、日本の住宅の多くがこのレベルを満たしていない懸念があることが、(一社)日本サステナブル建築協会の調査で明らかになった。(一社)日本サステナブル建築協会は、「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第5回報告会」を開催した。

同協会のスマートウェルネス住宅等推進調査委員会では、国土交通省からの支援を受け、断熱改修前後で居住者の健康状態などがどう変化するのかといった調査を進めている。
2019年3月末までに4147人、2318軒の改修前における健康調査を行い、2020年3月末までに2323人、1303軒の改修後の健康調査を行うなど、世界的に見ても類を見ないほどの大規模な調査になっている。
第5回報告会では、断熱改修によって住宅の温熱環境が改善されることによって、血圧の上昇や血圧変動性の抑制、過活動膀胱・睡眠障害などの改善といった効果を得られることなどが報告された。

また、改修前の住宅のほとんどが、WHOの推奨する冬期の最低室温18℃という基準をクリアしていないことも分かった。

WHOでは、居住者の健康被害を予防する観点から、冬期の室温を18℃以上に保つことを推奨しており、小児・高齢者はもっと暖かくすることが必要であると指摘している。
しかし、同協会の調査結果によると、在宅中の居間の平均室温が18℃を下回る住宅が全体の59%もあったという。在宅中の最低室温では91%の住宅で18℃を下回っているのが実情だ。最低室温の平均値は12.6℃となっている。

こうした状況を招いている要因のひとつが住宅の断熱性能不足だと推測でき、スマートウェルネス住宅等推進調査委員会の村上周三委員長は、「日本の住宅は量的には充足しているが、質的にはいまだに十分なレベルに達していないと言わざるを得ない。その結果、居住者にネガティブなど影響をもたらしているというエビデンスが、我々の調査結果から明らかになっている。こうしたエビデンスを広く発信し、日本の住環境に対するパーセプション・ギャップ(認識のずれ)を是正していくべき」と指摘している。

日本の住宅、WHO推奨の最低室温に満たないものが多数 (sohjusha.co.jp)

海外から訪れる人たちの間では“日本の家は寒い!!”という定説があると言われています。最低室温平均が12.6℃では、寒いはずですよね。
その原因を探ってみると「冬は寒いもの、気合だ!!」「むしろ子供は冬でも半袖、半ズボン!!」といった風潮が最近まであって、その根底には日本人の『我慢強さ』を美化した日本文化にあることがわかりました。

>> 続きを読む

選択が未来を創る

 

先回に続き『選択』の問題をもう少し深堀してみようと思います。

私たちは日々刻々、選択の連続に明け暮れています。極端に言うなら「選択こそ人生」と言っても過言ではないでしょう。

先回の冒頭で「すべての行動は自らの選択⇒自己の未来を創造している」と記しました。
そう、「選択によって個々の未来は創造される」ということを再認識していただくことで、積極的に『選択』を意識し、より豊かな未来の創造へお役に立てればと思います。

さて、先回ご紹介した引用サイトでは「選択と決断」についての理論と根拠について詳しく見てきました。また、人は決断力よりも選択力を養うことの重要性について、そして、選択力を養うにはリサーチ力を鍛えるべきという見解を示されていました。

最後の「リサーチ力」については少々異論がありますが、それについてはおいおい触れてゆきたいと思います。

さて、最初にこの『選択』という行為についてですが、日本人(特に古い日本人)は、どうも不得意とする行為ではないかと思っています。

何らかの選択を迫られたとき、皆さんは一人で考え込みますか?それとも周囲の人たちの様子をまず伺いますか?

実は、多くの日本人は後者のように周りの選択を気のする人が多いのではないかと思うのです。

それは、日本文化の『一様性』という、みんな一緒、足並みをそろえる、もしくは「普通は?」とか「一般的には?」などの思考形態によるものと思われます。

つまり、自分で考える前に周囲の人々の選択を見ながら、同調することで、マジョリティーの仲間を維持し、決してマイノリティには属さないという姿勢です。

選択の中身よりも同調のほうが重要な文化。
『同調圧力文化』ともいうべき社会の中で長く生きて学習した結果です。

そのおかげで、私たち日本人は自分の考えを持たないほうが同調しやすいことを学習し、自由意思を持たない選択をしてきたといえます。

自己を主張したり、自ら自由に選択する行為という習慣は身についていないため、どうしても自分だけでは選択も決断も困難というのは当然の結果と言えますね。

NHK大河ドラマ『どうする家康』が始まり、家康の優柔不断さが描かれていますが、大変興味深く見てしまっています。

先回の紹介記事の「リサーチ能力」という解決法は、こういった習慣の延長として挙げられるべくして挙げられたと感じています。

これは、対症療法にはなっても原因療法にはならないのではないかと、私自身は感じています。
このようなやり方自体が日本人的と言えるのかもしれません。なぜなら、「自分の考え」を持たないままでは、いつも他者の意見をリサーチする必要があり、その他者の意見が多様である場合、余計に混乱を引き起こしてしまいます。

グローバル社会の影響によって「ダイバーシティー(多様性)」という概念が浸透してきた現代社会において、自己の確立ができないままでは、ダイバーシティー&インクルージョン(多様性を包括する)渦からはじき出されてしまうのではないでしょうか。

「ダイバーシティー(多様性)」も本来の意味は、単に性差別や人種差別をしないだけではなく、個々の思考、観念の違いを認め合い尊重しあうことなのです。

そもそも個々の思考,観念が確立していない者にとって、ダイバーシティー(多様性)を深く理解し、インクルージョン(包括)できるはずがありません。

そして「選択」はそのようなダイバーシティーインクルージョン下での行為としては必要不可欠なものになってきているといえるのではないでしょうか。

多様な人材に活躍してもらうダイバーシティ&インクルージョンの考え方が注目されている背景には、外部環境の急激な変化があります。

具体的には、少子高齢化に伴う働き手の減少、顧客ニーズやリスクの多様化などが挙げられます。

また、ダイバーシティ&インクルージョンに取り組む中小企業は、そうでない企業と比較して、主たる経営成果のすべての項目において、効果的な結果を上げていることが示されており、競争優位性を築いていくために必要不可欠な考え方であるといえます。

ダイバーシティ&インクルージョンとは?意味や導入方法、事例を紹介 | ツギノジダイ (asahi.com)

>> 続きを読む

選択と決断

選択スキルの育成こそが未来に衝撃的転換を導く

すべての行動は自らの選択⇒自己の未来を創造している

選択眼がない場合

⇒他者選択に依存するしかない⇒受動的選択⇒後悔しやすい⇒低い幸福度
⇒選択後の結果をイメージできない⇒不安⇒結果が悪いと責任転嫁
⇒決断に自信が持てない⇒思い悩む時間が長い⇒低いタイムコスパ⇒貧困
⇒他人の意見に左右されやすい⇒第三者の評価に頼る⇒益々主体性欠落

選択眼が養われている場合
⇒能動的選択⇒後悔がない⇒高い幸福度
⇒結果をイメージできる⇒不安がない⇒結果どうあれ選択眼向上に
⇒自信をもって決断⇒短時間決定⇒圧倒的タイムコスパ⇒富裕
⇒他者に影響されない⇒益々主体性確立⇒選択視座広がる

時はお金以上の価値があることを、選択眼育成で認識することになるでしょう。
また、高度な選択視座は感情セルフコントロールを可能にし、間違いなく寛容で満足度の高い人生を創造することになるでしょう。

以下に“人生の質は決断力より選択力!?”についての記事を紹介します。

※「選択」とは・・・多くのものの中から、よいもの、目的にかなうものなどを選ぶこと。(出所:goo国語辞書より)

 

※「決断」とは・・・(1)意志をはっきりと決定すること。 (2)正邪善悪を判断・裁決すること。(出所:goo国語辞書より)

違い(1)

“選択” は、AかB(他複数)を選ぶこと、“決断” は、YESかNOを決めることです。
つまり、それらによっての “結果” が違うということが一点目です。

A or Bの “選択” では、AかBのどちらかを手にすることができるため、その後に何かしらの変化(例えば、安心安堵、喜び、快楽、ライフスタイル、行動内容など)があると言えます。
YES or NOの “決断” の場合は、YSEを選べば、その後に変化が生じますが、NOを選べば、変化はのぞめず現状維持です。

違い(2)

“選択” は、選択肢となるAやBなどは、コト・モノになりますので必ず「選ぶ」という行為になりますが、“決断” は、複合動詞的に使われる傾向が強く、〇〇を「する」か「しない」か、の動き(動作、行為、行動など)に連動します。
つまり、それらによる“動き”が違うということが二点目です。

違い(3)

“選択” “決断” を同じくくりで考える場合のそれは、時系列で考えてみると、時差があり、プロセスの前後関係であることが三点目です。

第一段階で「選択」があり、第二段階で「決断」が(その逆も)あります。

人生の質は決断力より選択力!? | マイキャリアのためのセルフコーチングと自分改革+E (3x3career.com)

例えば・・・
買い物時、価格重視か、品質重視か、それとも応対やサービスを重視するかは選択。
買うか買わないかは決断。 >> 続きを読む

宗教に頼らない極楽暮らし

アマゾンの民ピダハンに学ぶ幸せの本質

 「悩みがなくみんな幸せ」
今、この瞬間にしか生きていな民族

そんな民族がアマゾンの奥地にいると言う。
彼らは神を信じない、にも関わらず悩みがなく幸せなのだ。それは彼らの使う言語が
関係しているのだと言う。

https://2.bp.blogspot.com/-
https://1.bp.blogspot.com/-

ピダハン――「言語本能」を超える文化と世界観著者のダニエル・L・エヴェレット

によってピダハン族は世界中に注目され研究の対象になっています。日本でもNHKによる「ピダハン 謎の言語を操るアマゾンの民|地球ドラマチック」で紹介されました。

南米ブラジルのアマゾン川流域の密林に、ピダハンと呼ばれる400人(現在では800人が居住)ほどの人々が暮らしています。ピダハンの生活は、何世紀もの間ほとんど変わっていません。今、彼らの使う言葉とコミュニケーションの方法に世界が注目しています。

ピダハン語は、しゃべってもハミングしても歌っても口笛を吹いても伝わります。ピダハンはアマゾン川の支流に広がる4つの村で生活しています。300年前、金を求めてやってきたポルトガル人と出会っただけで、後は長い間外からの影響を拒んできました。ピダハンはピダハン語しか話しません。

しかし、1950年代に麻疹が流行し、ピダハンはアメリカの伝道師を迎え入れることにしました。そうしてやってきた伝道師の一人がダニエル・エヴェレットでした。ダニエルは1977年、25歳の時に妻と幼い子供たちを連れてピダハンの元を訪れました。

ピダハンは今は服を着るようになっていますが、定住するための家や耕作地はなく自然に頼って暮らしています。ピダハン語が話せる外国人は3人しかいません。それはダニエルと、彼の別れた妻、そして前任の伝道師です。

ダニエルは家族と共に30年に渡って断続的にピダハンと共に暮らしました。しかし、妻と子供は死にかけ、ダニエル自身も何度もマラリアにかかったと言います。また、ピダハンに皆殺しにされそうになったことも3回あります。

ピダハンとダニエルたちの関係は時と共に変化し、今では両者はすっかり打ち解けています。こうした関係が築けたのはダニエルがピダハンの言葉を習得することが出来たからでした。

ピダハンの人たちの満ち足りた様子はダニエルに大きな影響を与えました。そして、彼は自らの信仰に疑問を抱き始めたのです。すでに幸せなピダハンの人たちに神のメッセージを伝えるなど無意味なことでだったからです。

ダニエルは25年に渡って布教活動をしましたが、たった1人のピダハンもキリスト教に導くことは出来ませんでした。

そしてついに、ダニエルは信仰を捨てる決断をしました。この劇的な変化はダニエルの家族を崩壊させました。そしてダニエルは伝道生活を捨て言語学者としての仕事に没頭し始めました。

ピダハン 謎の言語を操るアマゾンの民|地球ドラマチック (tvmatome.net)

 

>> 続きを読む

日本人と宗教

宗教という言葉を英語で言うと、Religionです。
これはラテン語の Religio から派生しました。

英語の語源は、ラテン語や、ギリシア語をもとにした言葉が多い。「レリジョンreligion」の語源は、ラテン語の「レリギオreligio」であるが、「縛る」という意味である。

「再び」という re と、「縛る」「結びつける」という ligare を組み合わせて出来た英語です。

転じて「神と人を再び結びつける」と言う言葉として理解されています。

一般に、人間の力や自然の力を超えた存在(神)を中心とする観念です。

日本では古くから「八百万の神」の信仰があり、つまり森羅万象すべてに神が宿る、という観念が古くから根付いています。森の木々の一本一本からトイレに至るまで神が宿るという考え方です。

日本神道はこのような民族信仰から自然発生した多神教で、一神教の「縛る」または「神と結びつける」という考え方とは少々異なるものです。

そして、日本人は「宗教をやっている」という言葉に警戒します。

つまり、宗教はやっていない「無宗教」の人が大部分と言っていいでしょう。

「無宗教」なのに、森羅万象(自然)への畏敬の念があり、ゴミを拾い、きれいにする習慣が身についています。

そのことが世界で日本人の評価を高めることにつながっています。

英語の「ネイチャー」では人が自然を従えて支配し、征服するべきものとされ、未開の状態も意味しています。
そういった意味での「ネイチュア」という概念は、日本人にとって異質なもの、日本語の「自然(じねん)」とは異なる意味合いがあります。

日本を愛したジョン・レノンのイマジンの歌詞には、そうした日本の「自然(じねん)観」が表現されているように思います。

イマジンに魅せられた若者のこんなサイトがありました。
未来を任せるにふさわしく、心強い限りです。 >> 続きを読む

洗脳の思い込み・選択の思い込み

既成概念の固定観念化

 人は誰でも何らかの「思い込み」という枠組みの上に行動しています。
そのため独自の考え方を持つ者は存在しません。まれにあるとすれば、仏教の根本原理を修得した釈尊のように「何物でもない自分を感得した」という人がいるかもしれません。ですがそれさえも仏教根本原理という一種の思想に基づいた思い込みと言えるのかもしれないのです。

「自分自身は気づいていない物事の見方や捉え方の偏り」をアンコンシャス・バイアスというそうです。

このような表現は、マイノリティーへの正否を問うかもしれませんが、一面では自身の思い込み注視を喚起する表現かもしれません。
私たち凡人は、生まれてこの方世界の在り様を教育で学び、その他の社会、集団に所属し、そこで学習した価値観という既成概念を思い込み(固定観念化)の基礎にして、その上に自己の世界観を築いてきました。

もしも、そういった土台になる思い込み(固定観念)というものがない場合、物事を判断する目安、拠り所がないため、何も決断できず行動を起こせません。

インドの修行僧のように、一生座り続けることになります。凡人には無理です。

ただ、思い込み(固定観念化)の過程は、わが国では一方的教育や権威に基づく場合が多く、既成概念の受動的修得(受け身)で、気づかないうちに自分の内奥に形成されていて、自己がどんな思い込み(固定観念)に操られているかはほとんど知らないまま大人になることが多いものです。

但し子供の頃から「なぜ?」と問う習性があると、それを追求し、解明するために常に「考える」ことを厭いません。追求し、自分の頭で考え、納得することで、やっと自分の観念体系に記述するという習性です。新たな疑問が生ずると、そこへ向かって邁進します。

前者の思い込みは「洗脳の思い込み」後者の思い込みは「選択の思い込み」と私は名付けています。

1.「洗脳の思い込み」は、その思い込みをより深く信じることにエネルギーを費やします。
2,「選択の思い込み」は、矛盾の検証にエネルギーを費やします。

よって1は変化も進化なくより固定化を進めます。2は常に変化し、進化する性質があります。なぜなら、1の「洗脳の思い込み」には疑問を持たない前提があります。

学校教育、または国や組織、宗教教団の理念や教義に疑問を持ってしまったら、その集団内にはいられません(村八分・集団排斥行為)。「汝考えるなかれ!」です。

2、「選択の思い込み」は積極的に知りたいことを追求し、賛同し、納得した上で、自己の観念体系に加えるものです。それでも固定化するまでには何回も検証し、エビデンスを集め、矛盾を削ぎ落しながら固定化して行きます。

しかもそれは、後に学習する別の課題とも関連付けられることが、学習を重ねるごとに増えてゆきます。こうして自己の世界をどんどん広げて行きます。

「洗脳の思い込み」では、いつまでたっても自己の世界は形成されず、どこかの誰かに与えられた世界観を鵜呑みにし、自分に合わない部分には蓋をして(矛盾を押し殺し)、宿主に隷属しながら、実態は血肉を吸い上げられる存在となります。

このようなタイプの人は、自分がコバンザメのようにパラサイト(寄生している)していると思い込み、自分が選んだ宿主に貼り付き守られないと生きていけない、むしろ迷惑をかけないように感謝の意を表すべき、という思い込みに操られています。たとえ関係性がぎくしゃくしたり、無理をしながら合わせることが苦しくても、「あたりまえ」、「それが人生」この程度にとどまっているのは宿主の保護のお蔭、と言い聞かせています。

この行き過ぎが「統一教会」ですが、その土壌は日本文化にあったのではないでしょうか。こうして洗脳に弱い日本人資質が育ってしまったような気がします。

このような状況が「アイデンティティーの喪失」と言われる状況を作ります。 >> 続きを読む

思想軸の曖昧な日本人にイデオロギーの露見現象2

 

ソーシャルイデオロギー装置が原因?

太田光が“統一教会擁護”で連日炎上…起用するTBSが示したまさかの回答

2022/10/06 06:00 © 女性自身

日曜の生放送番組『サンデージャポン』(TBS系)。MCを務める爆笑問題・太田光(57)の統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)を巡る発言が、毎週のように物議を醸している。

7月31日の放送回では、“統一教会への追及が加熱することで、第二、第三の山上容疑者が出現する可能性がある”とメディアの報道を批判。しかし、統一教会の問題に詳しい紀藤正樹弁護士はTwitterで《第2の山上容疑者出ること恐れ被害と巨悪に目をつぶるということでしょうか》と反論し、SNSでも「論点ずらしだ」との声が相次いでいた。

「太田さんは9月25日の放送回で、デーブ・スペクターさんに対して『デーブさんも、(統一教会の信者を)“救いたい”と思っているわけですよね。難しいのは、統一教会側も“救いたい”と思っている』と発言。これに対して『教団を擁護している』との指摘が相次ぐことに。

また同放送回で、信者を奪還しようとする家族らの行動について『今までも、(信者を)拉致して閉じ込めたりとか、いろんな問題が起きている』と太田さんは持論を展開しました。

ジャーナリストの有田芳生さん(70)は思わず、Twitterに《太田光さんのこの発言。すっかり統一教会の主張です》《僕が太田光さんの発言を許せないのは統一教会から子どもを脱会させたいと苦労してきた多くの親御さんたちの苦労を知っているからです》と投稿。そして《現場を知らないのに発言するな》と糾弾していました」(全国紙記者)

そして翌週の10月2日放送回に、有田氏と旧統一教会に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏が登場。太田が70年代のアメリカであったという家族による強引な形での説得を引き合いに出しながら“統一教会信者の保護説得の方法もある時期において問題があった”などと主張すると、鈴木氏は「そもそも親子の話し合いをすること自体を妨害してきたのが統一教会側なんですよね」と返した。

それでも太田が「テレビは“白か黒か”を求めるが、公平に両方を報道するべきだ」などと持論を止めなかったため、デーブが「でも太田さん。もう毎週同じことを言って恐縮なんですけど、やっぱり公平も白黒もないんですよ、この場合は」と鋭く切り込んだ。

「デーブさんはTBSの『報道特集』で取り上げられていた息子を脱会させようと苦闘する父親の話をしました。そして『このつらいものを見れば、太田さんが少しでも今までのような言い方しないんですよ』『だからやっぱり毎回言ってるように、知らなすぎると思うんですよ』と声を荒げながら指摘。それでも太田さんは『いい人、無垢な人がいまも信者にいる。テレビが“悪だ、インチキだ”と報じていいのか』と話しました」(前出・全国紙記者)

そんな太田に対する反発の声は日増しに大きくなり、Twitterでは「#太田光をテレビに出すな」というハッシュタグまで起こる事態となっている。

そこで、本誌はTBSへ、サンジャポ内での太田の統一教会を巡る発言の炎上への見解、今後も起用を継続するかなどについて質問状を送った。

すると、返答は「様々なご意見があることは承知しています」とまさかの一文のみ。果たして10月9日放送回で、太田が口にする言葉はーー。

太田光が“統一教会擁護”で連日炎上…起用するTBSが示したまさかの回答 (msn.com)

 

「多くの嘘を言うように…」旧統一教会側、元2世信者に会見中止要求 本人涙の続行「どうかこの団体を解散させて」

2022/10/07 17:47 © J-CASTニュース

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の元信者が2022年10月7日に東京・丸の内の日本外国特派員協会で開いた記者会見に対して、教団側が会見中止を要求し、壇上で元信者が反論する場面があった。

会見を開いたのは、旧統一教会信者の両親のもとで生まれ、後に脱会するまで教団の活動に参加していた、いわゆる元「2世信者」の小川さゆりさん(仮名)。小川さんは過去にストレスで精神疾患を患ったことを明らかにしている。教団側は、両親の署名入りのファクスを特派員協会に送り、小川さんが「多くの嘘を言うようになってしまっている」と主張して会見の中止を要求した。小川さんは、夫と出会った4年前の時点で症状は治ったとしており、両親に奪われた200万円が返金されていないことを指摘しながら、「自分とどちらが悪なのか」「私が正しいと思ってくださるなら、どうかこの団体を解散させてください」と訴えた。

>> 続きを読む