ルトガー・ブレグマン

新世代が解く!ニッポンのジレンマ「経済のジレンマ大研究@阪大」
5月28日(日) 00:25〜01:25

経済学の基本を今一度学び直し、現代の経済が直面する問題、経済のジレンマを考える、阪大での特別ゼミ。オランダの歴史家でジャーナリストのルトガー・ブレグマンも登場。

番組内容

「経済学の父」アダム・スミスが唱えた「見えざる手」は今どこまで機能する?それぞれが利潤最大化を目指せば社会全体の成長、発展が実現するという思想は今も有効か?成長と格差のジレンマを解く為の方法は? グローバル化が進み複雑化する世界経済の中、どんな考え方で経済現象と付き合うべきか?安田洋祐准教授の大阪大学のゼミで考える経済のジレンマ。オランダの気鋭の歴史家でジャーナリストのルトガー・ブレグマンも登場。

出演者

【出演】大阪大学准教授…安田洋祐,数理哲学者…丸山善宏,歴史家、ジャーナリスト…ルトガー・ブレグマン,【司会】古市憲寿,佐々木彩,【語り】小野賢章

ピケティーに続く新たな提言

ルトガー・ブレグマンGDPという罠」

>> 続きを読む

意識のちから

「マルコビッチの穴」感想

ジョン・マルコビッチ

ジョン・マルコヴィッチ(John Malkovich, 1953年12月9日 – )は、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー。個性的な演技派として世界的に活躍している。
ジョン・マルコビッチ

  他人の脳へ入り込むという斬新なアイデアが私の好奇心を刺激し、実はこの映画を観た頃、映画がきっかけになって、人の脳内世界へのアプローチが秘かなマイブームにはまっていたことを思い出しました。 そのお陰で、目に映る現実には個々千差万別の世界があることを実感しました。誰にも同じ世界が展開していると信じていた私でしたが、世界があって、それを見る我々が存在するという考え方がガラリと逆転し、観る人によって世界は少しずつ違うものになるということを知ったような気がします。
>> 続きを読む

共創空間

映画《マルコビッチの穴》紹介

映画「マルコヴィッチの穴」  監督:スパイク・ジョーンズ

(1999年,アメリカ)主演 ジョン・マルコビッチ

  いい喜劇映画だが、なかなか難しい。   話の立ち上がりが緩慢で、やっと中盤くらいになって話を理解する手がかりが紹介される、それも散発的に語られるので、しっかり観てないと、どうなってんだか分からなくなる。そんな意地悪な仕掛けの映画だが、実に面白い!! 観る者の集中力が、どこで途絶えるかによって、感想が分かれる。       

 私たちが知らない摩訶不思議なことがあるものだ。   他人の頭の中に勝手に入って行ける、特別な入口(穴)がある。入り込まれた当の本人は、それに気付かない。なぜなら本人の意識は、入られた瞬間に入り込んだ人の意識に入れ替わるからだ。   これを利用すると、我が身がほろびる前に他人の中に入り込んで、生きながらえる事ができる。 >> 続きを読む

共創空間

ブリコルールライフ

ブリコルールはブリコラージュをする人のこと。

 下記 Wikipediaの紹介の様に、ヨーロッパを中心にブリコラージュの概念を基にしたスタイルが、ポストエンジニアリング的思考で近代社会に適用され、各分野においてカルチャーとして波及している。私自身のライフスタイルもまさにこのブリコラージュスタイルと言えると思うので、私もブリコルールの一員なのかもしれない。

草花をあつブリコラージュ生け花

>> 続きを読む

意識のちから

失言は往々にして本音

今村復興相辞任へ“2度目の失言”巡る動き

震災巡り失言、今村復興相を更迭…後任に吉野氏
読売新聞 4/25(火) 20:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00050092-yom-polより

 

二階派のパーティーを終え、会場を出る今村復興相(25日夜、東京都千代田区で)=杉本昌大撮影

東日本大震災に関する自らの発言について謝罪する今村復興相(中央)(25日夜、東京都千代田区で)=杉本昌大撮影

 自民党の今村雅弘復興相(70)(衆院比例九州ブロック、当選7回)は25日、東日本大震災について「(発生が)東北だったから、よかった」と発言し、その責任を取って辞任する意向を固めた。  安倍首相の強い意向が働いたもので、事実上の更迭だ。中略・・・
2012年に第2次安倍内閣が発足して以降、不祥事による閣僚辞任は昨年1月の甘利明・前経済再生相以来で、5人目となる。引用以上

こうした次々に起こる失言騒動の原因を探る動きも出てきた今「本音と建て前」を使い分ける“大人”とは?を考えてみました。

>> 続きを読む

共創空間

「忖度社会」「忖度文化」「忖度政治」の実態が明らかに ⑵

忖度の慣習から見えてくるもの

 元官僚のインタビューで「仕事のほとんどは忖度だった」いう人がいた。官僚でなくとも、日本の社会では、集団の新参はまずその集団の空気を読むことから始まる。一頃「KY」という言葉が蔓延したことがあるが、空気を読めない人間ははじき出されるのが常である。
 このように「空気の圧力」は組織、集団ではどこでも発生するのであるが、特に権威が強力になればなるほど、権威の傘下にいるものは、その圧力が重くのしかかり、抗いようもない世界となる。その代表が官僚の世界⇒政治の世界⇒財界という構図なのだ。

>> 続きを読む

共創空間

「忖度社会」「忖度文化」「忖度政治」 の実態が明らかに ⑴

 日本中が「忖度」という言葉に注目し、今や日本の社会が「忖度」でつながり、「忖度」で構築されている、「忖度社会「忖度文化」で、「忖度」抜きでは語れない慣習の上に存在しているということを認識し始めている。これまで私たちはそのことを意識することなく、当たり前のように生活してきたのであるが、今回の森友学園問題から、改めて「忖度」について考えるきっかけを投げかけられた。そのきっかけとなったのは籠池氏の記者会見だった。外国人記者から「忖度」に妥当する英語がないことで、記者たちが困惑していることからはじまった。http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/23/moritomo-sontaku-in-english_n_15572790.htmlより以下引用
【森友学園】「忖度」は英語でどう通訳された? 籠池氏会見で外国人記者に

 

 

>> 続きを読む