洗脳の思い込み・選択の思い込み

既成概念の固定観念化

 人は誰でも何らかの「思い込み」という枠組みの上に行動しています。
そのため独自の考え方を持つ者は存在しません。まれにあるとすれば、仏教の根本原理を修得した釈尊のように「何物でもない自分を感得した」という人がいるかもしれません。ですがそれさえも仏教根本原理という一種の思想に基づいた思い込みと言えるのかもしれないのです。

「自分自身は気づいていない物事の見方や捉え方の偏り」をアンコンシャス・バイアスというそうです。

このような表現は、マイノリティーへの正否を問うかもしれませんが、一面では自身の思い込み注視を喚起する表現かもしれません。
私たち凡人は、生まれてこの方世界の在り様を教育で学び、その他の社会、集団に所属し、そこで学習した価値観という既成概念を思い込み(固定観念化)の基礎にして、その上に自己の世界観を築いてきました。

もしも、そういった土台になる思い込み(固定観念)というものがない場合、物事を判断する目安、拠り所がないため、何も決断できず行動を起こせません。

インドの修行僧のように、一生座り続けることになります。凡人には無理です。

ただ、思い込み(固定観念化)の過程は、わが国では一方的教育や権威に基づく場合が多く、既成概念の受動的修得(受け身)で、気づかないうちに自分の内奥に形成されていて、自己がどんな思い込み(固定観念)に操られているかはほとんど知らないまま大人になることが多いものです。

但し子供の頃から「なぜ?」と問う習性があると、それを追求し、解明するために常に「考える」ことを厭いません。追求し、自分の頭で考え、納得することで、やっと自分の観念体系に記述するという習性です。新たな疑問が生ずると、そこへ向かって邁進します。

前者の思い込みは「洗脳の思い込み」後者の思い込みは「選択の思い込み」と私は名付けています。

1.「洗脳の思い込み」は、その思い込みをより深く信じることにエネルギーを費やします。
2,「選択の思い込み」は、矛盾の検証にエネルギーを費やします。

よって1は変化も進化なくより固定化を進めます。2は常に変化し、進化する性質があります。なぜなら、1の「洗脳の思い込み」には疑問を持たない前提があります。

学校教育、または国や組織、宗教教団の理念や教義に疑問を持ってしまったら、その集団内にはいられません(村八分・集団排斥行為)。「汝考えるなかれ!」です。

2、「選択の思い込み」は積極的に知りたいことを追求し、賛同し、納得した上で、自己の観念体系に加えるものです。それでも固定化するまでには何回も検証し、エビデンスを集め、矛盾を削ぎ落しながら固定化して行きます。

しかもそれは、後に学習する別の課題とも関連付けられることが、学習を重ねるごとに増えてゆきます。こうして自己の世界をどんどん広げて行きます。

「洗脳の思い込み」では、いつまでたっても自己の世界は形成されず、どこかの誰かに与えられた世界観を鵜呑みにし、自分に合わない部分には蓋をして(矛盾を押し殺し)、宿主に隷属しながら、実態は血肉を吸い上げられる存在となります。

このようなタイプの人は、自分がコバンザメのようにパラサイト(寄生している)していると思い込み、自分が選んだ宿主に貼り付き守られないと生きていけない、むしろ迷惑をかけないように感謝の意を表すべき、という思い込みに操られています。たとえ関係性がぎくしゃくしたり、無理をしながら合わせることが苦しくても、「あたりまえ」、「それが人生」この程度にとどまっているのは宿主の保護のお蔭、と言い聞かせています。

この行き過ぎが「統一教会」ですが、その土壌は日本文化にあったのではないでしょうか。こうして洗脳に弱い日本人資質が育ってしまったような気がします。

このような状況が「アイデンティティーの喪失」と言われる状況を作ります。

 

洗脳されたイデオロギー&アイデンティティー

イデオロギーというと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、なにも政治家や宗教家の特許ではありません。

日本語にすると、観念形態(価値観・世界観・信念)で、簡単に言うと思想信条といえます。

政治や社会に対する思想のことも指しますが、政治社会だけでなく、宗教や芸術、道徳に関する考え方のことを指す場合もあります。

個人的には、その人にとっての一般論であったり常識であったりします。主義主張という風に言い換えることも出来るものです。行動のもととなっている思想の体系、観念形態、政治的な思想。簡単に言うと価値観や思想・考え方ということもできます。さらには「私の常識」といってもいいでしょう。

イデオロギー(Ideologie)はドイツ語から来ています。 「社会集団や社会的立場(国家・階級・党派・性別など)において思想・行動や生活の仕方を根底的に制約している観念・信条の体系。 歴史的・社会的立場を反映した思想・意識の体系」を意味します

第45回 イデオロギー | 10分でわかるカタカナ語(三省堂編修所) | 三省堂 ことばのコラム (sanseido-publ.co.jp)

アイデンティティーとは、 自分が認める自分らしさ。 自分がどういった人間なのかという自分の認識 です。自分自身に対する個人的な考え方のこと。日本語に訳すと「自己同一性」「主体性」または「身分証明」です。

時代主流のイデオロギーは、 私たちがどのように集団的に行動するかの大部分を説明します。私たちの考え方には、私たちが前の世代から受け継いできた、そして私たちの行動の大部分を決定する信念と見方が常にあります。

シュプランガー 6つの価値観

6種類の価値観|シュプランガーの価値類型論

社会志向型(Social Intention Type)
権力志向型(Power Intention Type)
経済志向型(Economical Intention Type)
審美志向型(Aesthetic Appreciation Intention Type)
理論志向型(Theoretical Intention Type)
宗教志向型(Religion Intenion Type

6種類の価値観|シュプランガーの類型論で診断するあなたのタイプ – Web活用術。 (swingroot.com)

★シュプランガー Eduard Spranger 1882?1963 ドイツの哲学者、教育学者。ベルリン大学で、ディルタイから生の哲学を、F.パウルゼンから文化哲学をまなんだ。

★生の形式を分類
主著「生の諸形式」(1914)では、人間の精神作用を認識作用、審美的作用、経済的作用、宗教的作用、支配作用、共感作用の6つで説明。それぞれの精神作用は精神全体の作用のもとにはたらくのであるが、その全体的連関の中でどの精神作用が支配的にはたらくかによって、それぞれ独自に価値の追求がなされ、人間の個性が形成されていくとした。そして、そうした個性の理想的類型の基本的なものとして、理論的人間、審美的人間、経済的人間、宗教的人間、権力的人間、社会的人間の6つがあると説いた。


社会志向型 
Social intention type

★人間を愛し、協調していこうとすることへ価値を重要視する。

仲間を愛し、同僚を大切にして、一緒に仲良く生きていこうというタイプが、社会型です。他人や地域との調和を大切にして、ときには献身的になることも、いといません。生活している現在を大切にし、生まれた故郷を愛し、平和を重んじる人たちです。

福祉活動や奉仕活動に対して、嫌な顔も見せず参加します。この型の人にとっては、そうすることが当たり前の行為であり、人と協力しあい、何かを達成することに、価値を見いだすのです。他人を愛し、信頼し、皆が向上することが喜びでもあるのです。

社会型は、母親の子供や家族への愛に象徴されると言われます。代償を求めるのではなく、逆に提供することが喜びともなるのです。

皆と協調的であるため、八方美人的に見えますが、根っからの利他主義者で、勝つか負けるかの強烈な経済活動や政治活動には向かない人たちです。優しい反面、人から利用されたり、損な役回りが回ってくることもあります。

不満に思うことがあれば、相手にはっきり断わることも大切です。


権力志向型 
Power intention type

★権力を求め、他人を支配しようとする。

権力を持ち、それを行使することが最大の喜びであり、目的なのが権力型です。とにかく、人を支配し、命令しようとするタイプです。

勉強や努力は、人より優れたい、自分が他人より優位にたてる材料としてあるだけです。芸術への関心もしかりです。会社や地域にいる周囲の人も、自分の権力獲得や、権力行使のための存在としか思っていません。周囲への施しも、温かい思いやりや愛からではなく、自分の地位のためです。逆に、その人を侮蔑的に見ていると言えます。

大きな場で上位に立てない反動が、小集団、例えば家族、クラブ活動、会社の課、友人仲間などの場面で、権力型そのものの猛威を振るう結果となります。
権力型には、どんな状況でも権力獲得に向かうタイプもいますが、挫折により孤独感を味わいながら、自分だけで自分の能力を讃えるタイプもいます。

権力志向の人は、リーダーシップが高い方だと思いますが、自己顕示欲も高く、人から認めてもらいたい欲求が高いといえます。反社会的にならないよう、社会に貢献できれば、権力志向もすばらしいものになります。


経済志向型
 Economical intention type

★物事の経済性、功利性をもっとも重視する。

財力や経済力をポイントにして、物事を判断するのが経済型の特徴です。たとえば、資産家で絵画を購入するのは、投資のためであり、芸術を愛しているというよりは、人の関心や金銭を得る手段のために購入しているです。
資格など勉強をしたり知識を得るのも、何かを得るための手段なのです。

人を評価するのも、相手が金持ちかどうか、利用価値があるかどうかなど、自分への損得で見る傾向が強い人です。考え方は実際的で、現代的なドライさを持っており、利己主義的な性格と言えます。
裕福さや財力が最大の興味、気になるところですから、見栄を張って着飾ったり、装飾品にきらきらしたものを付けたりする一方で、妙にけちけちしたところもあります。とにかく、お金や財産の獲得が人生のテーマですから、生活や考え方に情緒性がなく、友達との付き合い方も、けちとか、ドライと言われますが、無駄のない生活を実行します。

ときには損得感情抜きで、行動することも大切だと思われます。

 

審美志向型  Aesthetic appreciation intention type

★繊細で敏感であり、美しいものに最高の価値をおく。

感覚をとにかく大切にし、妥協しないで最高のもの(美)を求めようとするのが審美型です。敏感で、繊細な神経と感覚の持ち主で、とことん、こだわりのある生活や人生を志向します。生きる目的は、自分の感性を満足させられる、最高の美を追求するというわけです。
実際の生活や社会には関心がなく、理論的に、また客観的に物事を考え理解しようとはしません。現実そのものを、ベールに包んで眺めてもいます。
実際から遊離した状況でも、自分の美学は、最後まで大切にします。従って個人主義的になり、人からの束縛を嫌います。自由が自分の美学を維持する重要な要素であり、自分の行動に酔って享楽的になったり、無秩序的な世界を賛美したりします。

芸術やファッションの世界で、斬新な感性を表現する人も多くいますが、現実生活との矛盾に孤立し、さらに自分の世界にこもる結果にもなります。

感受性が高く、精神的に傷つきやすいタイプなので、うまくストレスを発散できるようにしましょう。

 

理論志向型  Theoretical intention type

★物事を客観的に見て、論理的な知識体系を探求することに価値観をおく。

世の中や物事を、客観的に眺め、理論的に解釈、説明しようという人が理論型と言われています。
好きとか嫌いといった感覚を拒否しあくまで、客観的で冷静な判断をモットーとし、それを理論として、また体系とするのに大きな価値を置いています。
具体的な出来事や状況にはあまり興味がなく、実生活への適応力は乏しいと言えます。現実的なことより、普遍的なことに、思いは常にいっています。
従って、政治や芸術への関心も薄いという傾向にあります。

感情や感性を考えの中に導入しませんから、クールで、個人主義的な一面をのぞかせます。自分の研究や興味分野に徹底的に集中して生きる面があります。他人への思いやりや同情心が少なく、温かみのない人間とみられています。
理論や体系にすべてを押し込もうとするため、他人には妙な屁理屈に思われたり、頑固な人に見られることもあります。
自分の意見を正しいと思いこみやすく、他者と対立することもあるので、相手の意見も採り入れる態度を忘れないようにしましょう。

 

宗教志向型  Religion intention type

★神への奉仕、神秘的なことへの興味を価値におく。

多神教の日本人には、現れにくいタイプかもしれませんが、特定の宗教へ関心があり、信仰している人に現れる類型です。
宗教型といっても、すべて職業的に宗教に係わっているということではありません。
藻絶対的な神を求め、恵みや愛を拠り所や救いにして、人生を生きていくタイプです。
神や仏に対して、敬虔な気持ちを持ち、愛や思いやりを大切にし、華美な生活を戒め、節制した、誠実な生活を志向します。

僧侶や牧師のなかに、この宗教型を多く見いだすことができます。また、心からボランティアに奉仕したり、信心深く、真面目に生きていくことに価値や愛を見いだそうとする人です。

しかし、宗教や慈善的行為を金儲けや権力の手段にしている人も多く見受けられます。おそらく、このような人たちは、宗教型と言うより、タイプとしては経済型であり権力型と言えます。

神や仏の大きな力にこだわり過ぎ、狂信的になり、厳しさを相手に求めたり、逆に自虐的になったりする人もいます。神秘性の部分にのめり込み、それがすべてであると信じるのは、大変危険な行為であると認識しましょう。

宗教的回心で、人生の目的がたかめられ、生きがいを持つことができたという人はおおく、宗教心理学の分野において中心的分野でもあります。宗教をよい方向に利用することを心がけてください。因果応報それなりの報いがあると思います。

シュプランガー 6つの価値観 解説編 (sinritest.com)

 

上記でも触れられているように、宗教者の中には、権力型志向・経済型志向の人も多く、宗教志向という仮面をかぶって、宗教をお金儲けの道具にしている人や宗教集団が反社会的と言われるカルト集団へと変化するのは、権力志向によるものでしょう。

イデオロギーは 私たちの思考を導く信念、アイデア、そして感情のシステムです。

世界がどのようにあるのか、そしてそこで起こる社会現象をどのように解釈するか、私たちが考えることに依存している認知スキームです。これらは、今日有効であっても、後に見直すこともあります。

参考:存在する4種類のイデオロギーとそれらが守る価値 / 社会心理学と人間関係 | 心理学、哲学、そして人生について考えること。 (sainte-anastasie.org)

 

一方アイデンディディーとは、(自己)同一性、自我同一性 / 独自性 / 自己認識 / 個性 / 人や物の身元(正体) / 固有性/主体性/自己の存在証明、などたくさんの意味があります。

自分自身を表現できるもの(自己を証明するもの)
自分が自分に対して持っている考え方(価値観・思想・信条・性格・スペック・リテラシー等々)

私たちは「自分が一体何者であるのか」「自分はどのような思想を持っているのか」などを自問自答することで、自我が形成されていきます。これをアイデンティティーの確立と呼びます。その過程において当然、自分がどのような思想信条(イデオロギー)の持ち主か?を問い、確認します。

アイデンティティーの確立は、思春期時代に行われるべきものであるらしいので、大人になる前の段階ですでに形成されるということです。ということは、余程子供時代から追求型でない限りは、概ね大人たちの既成概念が固定観念化されることは間違いないようです。

アイデンティティーの喪失というのは、自己の喪失という意味で非常に大変な問題であるといわれます。アイデンティティーについて考えを巡らせるのは、なにも青年期だけに限らず、人類の一生涯にわたっての課題です。

自分自身が一体どこの誰なのか、自分の生きる意味はなんなのか、どういう人間でありたいのか、そういった繊細な自問自答を繰り返しながら、形成されていくのがアイデンティティーというものです。主に思春期に形成されることが多いものとされています。

アイデンティティーというのは、普遍的なものであり、自分自身の身分証明のようなものだと考えられています。一度形成されたアイデンティティーは、簡単には変化しないものです。

しかし、環境の変化などにより自分の中の価値観が覆され、それまでのアイデンティティーを喪失し、大きく書き換えられることもあります。そういった意味では、思春期だけでなく、人生を通して人間が考えていかなくてはいけないものがアイデンティティーであると言うことが出来ます。

参考:https://reibuncnt.jp/813

 

このように、アイデンティティーの形成には、イデオロギーが大きくかかわってきます。

 

この記事をシェア:

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。