ワクワク人生への扉

その鍵は・・・
意識の力NEOマインド

私たちはこれまでこの『意識の力』をあまりにも無視し、ここに関心を寄せることを怠ってきました。
ですから「意識」という言葉を聞いて、なぜ意識をそんなに価値付けするか、多くの人がピンとこないというのが本音でしょう。
その原因は、物質至上主義から生まれた形あるもののみに価値を見出す科学文明のもう一つの側面がなせることで当然といえば当然のことです。

だとしても、敢えてもう少しお付き合いください。

よく考えてみると簡単に解ることなのですが、私たちの行動を決定付ける脳の判断、それはすでに経験として記憶された古い知識・情報の積み重ねによって、それらのネットワークで形成された脳が、見る、聞くなどの外側の情報に対して感じる(YES/NO)ことからはじまります。

その判断の結果、具体的な行動となって表現され、それらが性格〈人格〉を形成し、個々の日常的行動の基準値となります。これは無意識の怠慢性として誰もが陥る側面です。

例えば、学校や社会の中で「好ましい行動」を示す標語や、コンピユーターにあらかじめ設定されたデフォルト標準値など自動的に判断・決定・行動する基ができているということです。

脳はこうして自動的に『危険』『安全』(YES/NO)を判断し、近づきたくない、近寄りたい、好き、嫌い、などの行動となって現れます。ということは、 引っ込み思案、消極性、依存壁、ソリタリー性(敢えて友人を作らない)など、性格という固定化して見えるものさえ、こうした体験によって刷り込まれた記憶が意識の力となって私たちの臆病さ、不安感、自信喪失などに深く関わっていることが解ります。

そう考えることで、何となく自分の性格も変化の可能性を秘めた、あいまいな不確実なものに見えてきませんか?つまり私たちが目をむけようが向けまいが、わたしたちの現実に必ず関わっているのが、意識の力なのです。

ところが意識の力には、それだけではなく、磁石のような引き寄せの力(引き寄せの法則)、今向かっている方向を示す羅針盤の役割、量子力学の特徴として認められる非局所性、もう少し解りやすい例で言うと 、時間・距離に依らない同期性(シンクロニシティー)、などに大きく関わっているのだということですが、こんな偉大な力が可能になるとしたら自ら活躍させたいとは思いませんか?

その解決法をガイドするNEUノイsolution、信じるか信じないかはあなた次第なのですが、いかがでしょうか。いづれにしろ、こんな面白い代物はないと自負し、この意識力の研鑽に勤しむことでワクワクを抑えられません。
興味を持たれた方関わってみませんか?
今後はいろいろな角度からこの「意識の力(NEOマインド)」を、できるだけわかりやすくひも解きながら、実践応用へと誘えればと思います。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です