私のヒュッゲ

「ゆとり」こそ「幸せ」のバロメーター

昭和人間は、時間に追われることを「非怠惰」のように考える癖がある?
ゆえに「ゆとり」は悪の代名詞?罪悪感の臭いを漂わせている?
「ゆとり」を‟揶揄”する世間で、若者たちが‟インスタ映え”を求めるのは「ゆとり」を共有したいのかもね。「ゆとり」こそ「幸せ」のバロメーターだから。

この記事をシェア:

Comment

佐藤敬子

明日伺ってもよろしいでしょうか? お忙しくありませんか?
彼も一緒に行けたらと思います。電話で聞いてみてまたご連絡いたします。よろしくお願いいたします。

返信

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.